コロナ有効求人倍率

厚生労働省より毎月公表されているハローワークにおける求人、求職、就職の状況をとりまとめによると。

令和2年11月の数値をみると、有効求人倍率(季節調整値)は1.06倍となり、前月を0.02ポイント上回りました。 新規求人倍率(季節調整値)は2.02倍となり、前月を0.20ポイント上回りました。 正社員有効求人倍率(季節調整値)は0.80倍となり、前月を0.01ポイント上回りました。 11月の有効求人(季節調整値)は前月に比べ3.0%増となり、有効求職者(同)は1.5%増となりました。

産業別にみると、 宿泊業,飲食サービス業(34.7%減)、情報通信業(33.4%減)、生活関連サービス業,娯楽業(32.9%減)、卸売業,小売業(27.4%減)、運輸業,郵便業(27.1%減)などで減少となりました。 都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、就業地別では、最高は福井県の1.61倍、最低は沖縄県の0.79倍、受理地別では、最高は福井県の1.51倍、最低は沖縄県の0.71倍となりました。

参照:厚生労働省 一般職業紹介状況(令和2年11月分)についてより

明けましておめでとうございます!!

新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからず、緊急事態宣言の再発令が濃厚となってきましたね。今後さらに寒さも増してくると思われますので、皆さま体調にはくれぐれもお気を付けください!

さて、22卒インターンシップについては、関東圏を中心に対面型からWEBインターンに切り替え、あるいは開催延期とせざるを得ない状況を強いられている企業も少なくないのではないでしょうか。

そんな中でも、”対面型”にこだわり、万全の対策を講じて開催する企業もあります。対面型で実施することで、熱意や社員の雰囲気も伝わりやすく、コミュニケーションも図りやすい。私が採用支援の一環として、司会やアテンドをさせていただいている企業様は、代表取締役社長が自ら登壇して講和を行うことでプレミアム感も演出しています!

学生からは、「社長にお逢いできる機会はとても貴重」「社長と直接お話出来て嬉しかった」など喜びの声が多数上がります!自ら学生に声を掛けたり、フランスに接する社長のお人柄や人望も、学生満足度向上に結び付いていると感じます!

一方、社長や座談会に参加する多数の社員様の視点として、コニュニケーションを密に図ることで短時間でも学生一人一人の特徴や素養をインプットし、今後の採用材料にしていくことを目的としています。

対面型とWEB型、それぞれにメリット、デメリットがありますが、昨今の厳しい状況下の中でも、対面型でインターンシップを開催することで、企業側も学生側も価値のある時間となるよう工夫していく必要があるのかもしれません。

明けましておめでとうございます!!

新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからず、緊急事態宣言の再発令が濃厚となってきましたね。今後さらに寒さも増してくると思われますので、皆さま体調にはくれぐれもお気を付けください!

さて、22卒インターンシップについては、関東圏を中心に対面型からWEBインターンに切り替え、あるいは開催延期とせざるを得ない状況を強いられている企業も少なくないのではないでしょうか。

そんな中でも、”対面型”にこだわり、万全の対策を講じて開催する企業もあります。対面型で実施することで、熱意や社員の雰囲気も伝わりやすく、コミュニケーションも図りやすい。私が採用支援の一環として、司会やアテンドをさせていただいている企業様は、代表取締役社長が自ら登壇して講和を行うことでプレミアム感も演出しています!

学生からは、「社長にお逢いできる機会はとても貴重」「社長と直接お話出来て嬉しかった」など喜びの声が多数上がります!自ら学生に声を掛けたり、フランスに接する社長のお人柄や人望も、学生満足度向上に結び付いていると感じます!

一方、社長や座談会に参加する多数の社員様の視点として、コニュニケーションを密に図ることで短時間でも学生一人一人の特徴や素養をインプットし、今後の採用材料にしていくことを目的としています。

対面型とWEB型、それぞれにメリット、デメリットがありますが、昨今の厳しい状況下の中でも、対面型でインターンシップを開催することで、企業側も学生側も価値のある時間となるよう工夫していく必要があるのかもしれません。

2022年卒の学生を対象に、11月に参加したインターンシップの開催形式を聞いたところ、「WEBのみ(対面なし)」は69.9%、「対面のみ(WEBなし)」は21.9%、同プログラム内で「対面とWEB」の両方があったのは20.9%でした。引き続き、多くの学生がWEBによるインターンシップに参加しているようです。

そんな学生たちは、実際にインターンシップに参加してどのようなことを感じているのでしょうか。今回は企業がインターンシップを開催する上で意識するポイントについてお話したいと思います。

まず、WEB形式のインターンシップで満足度が高かった学生からは、「学生側から質問できる環境があった」や、「企業の雰囲気がわかる工夫があった」という旨の意見が多く見られました。

反対に対面形式のインターンシップでは、「人事以外の社員や会社の雰囲気が分かった」などの意見がある一方、「オンラインでも十分まかなえる内容だった」など、コロナ禍の中であえて対面形式で実施されたにもかかわらず、内容が伴っていなかったという意見も見られました。

つまり、WEB形式のインターンシップでは、学生側からも質問しやすい進め方の考案や、企業の雰囲気を発信するプログラム作りが重要になり、対面形式の場合は、「対面形式だからこその内容だった」という実感が持てるようなプログラムがポイントになってくると言えます。【参照:マイナビ 2022年卒 大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(11月)】

WEB形式で企業の雰囲気を伝えるのが難しい、意思疎通を図るのが難しいという声をよく聞きます。その場合は、開催する社員の数を増やすことで、自然と普段通りのやり取りが垣間見え、学生様も企業の雰囲気を感じやすいケースが多いです。もしこの会社で働いたら、というイメージも持ちやすいため、志望度が上がるきっかけにもなります。

限られた時間の中で人材を確保するのは大変ではありますが、将来の投資の為には大きな価値があると思います。

寒くなってきましたね。。

コロナウイルスも感染が増えていて年末年始もGOTOストップしてしまいましたね、、、

今年は、コロナウイルスの影響で採用手法が大きく変わった年でもありました。オンラインが主流になり、説明会も面接もオンライン完結などのフレーズをよく見かけました。

私自身も、オンラインで説明会を生配信したり、面接や面談はほとんどオンラインで苦戦してしまった点もいくつかありました。

こんな時代だからこそ、徐々に採用のあり方も見直し、適切に対応していく力が必要だな、と改めて感じた年でした。

来年以降も、「オンライン」での選考が多いと私は予測しています。

オンラインでの新卒採用は学生さんにとって、安心な反面、企業を決めきれない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか??

オンラインでどこまでイメージ付けができるのか。

決め手になるものはなにか。

最適なコンテンツはなにか。

まだまだオンラインでの採用について勉強しなければなりません。

世の中の主流と独自のコンテンツ、動画を見ただけでワクワクドキドキが止まらないものを発信して採用成功に向けて来年以降も突き進んでいきたいと思います。

弊社のサービスの最もご評価頂ける根本の理由に「成果報酬」が挙げられます。

成果が出なければ報酬は頂かない。

だからこそ、弊社のコンサルタントたちは、お客様の採用成功を死ぬ気でご支援してまいります。

その中で、最高のパフォーマンスを発揮するため、お客様のご協力も必要不可欠となります。

お客様に成功報酬でご契約を頂く際、下記を徹底遵守頂くようにお願いしております。

つまり企業の採用成功のための必要なメソッドと言えます。

①説明会日程確定は開催日の6週間前までにご決定並びに弊社に共有をお願いいたします。

②説明会開催日から最終選考実施日までの期間を4週間以内を目安にご実施をお願いいたします。

③応募者の最新進捗は弊社作成の進捗管理表へご反映をお願いいたします。
また、弊社からの反映依頼後、3営業日以内に速やかにご反映をお願いいたします。

④弊社からの採用成功に向けた前向きで物理的に対応可能なアドバイスや採用企画案、改善案につきましては、施策の実施を必ずお願いいたします。

⑤当初の採用基準を支援途中から明らかに高くする、または採否の結論を遅延する等がないよう、お願いいたします。

上記の5点を遵守いただけない場合、目標としている採用人数に向けたご支援のお約束はできかねます。

仮に弊社とのご契約に至らなかった際も、特に①②③はぜひ重要視して採用活動を運用してみてください。

そもそも”採用”ブランドとは、自他ともに認める、他社と区別できる自社の「らしさ」をブランドとして考えてみてください。学生や現社員を含めて共通のイメージを抱くことが出来れば、それが『採用』ブランドになります。

『採用』ブランド力を高めることで生まれるメリットは、大きく2つになります。一つ目は、母集団を確保するために必要以上の投資や労力を使わなくても、自社にマッチした学生から応募してくる可能性が高まる、そして採用競合に負けない、というメリットが生まれます。入社後のミスマッチを防ぐことにも繋がりますね。これはイメージしやすいメリットだと思います。

そして二つ目は、企業価値が向上するという点です。企業という法人は、個人の集まりによって形成されています。現社員で『採用』ブランドの実態が作れていれば、あなたの企業で働く一人ひとりが成長し、その企業で働くことに自己肯定感を得ていることになります。その企業で働くことに幸せを感じる社員が増える=確固たる『採用』ブランドを確立できる、ということです。

「ブランド」はイメージ、「ブランディング」はイメージアップのために行う何らかの施策。そう理解している方も多いかと思いますが、ブランディングとは、「らしさ」を作り出すこと、と解釈した方が良いとも考えます。「誰もが知っている大企業」=「採用のブランド力が高い」という認識があるかもしれませんが、決してそうではありません。確かに認知度の高い企業は、採用では有利ですが、表層的な認知ではなく、自社の「らしさ」をウソ偽り無く、正々堂々とありのままの知ってもらうことで、高めることができると思っています!

当社には幅広い分野でのご支援、コンサルティングが可能となりますのでお気軽にご相談くださいませ。