2019年度の両立支援助成金改正案について

2019年度の両立支援助成金改正案について

パブリックコメントが発表され、2019年度の助成金改正案の概要は分って来ました。
両立支援助成金関連の改正案をパブリックコメントより転載します。

6.両立支援等助成金
(1) 各コースの改正概要
① 女性活躍加速化コース助成金の見直し
・ 対象事業主について、中小企業事業主のみとする。
・ 取組目標達成時の支給額を増額する。

【改正後の内容】

中小企業

❶取組目標の達成時 38 万円<48 万円>

❷数値目標の達成時 28.5 万円<36 万円>

女性管理職比率の基準値を達成した場合 47.5 万円<60 万円>

※1 「中小企業事業主」とは常時雇用する労働者が 300 人以下の事業主をいう。
※2 < >は生産性要件を満たした場合の金額

② 介護離職防止支援コース助成金の見直し
・ 対象事業主について、中小企業事業主のみとする。
・ 介護休業制度を労働者に利用させた事業主に対する支給について、休業取得時及び職場復帰時にそれぞれ半額ずつ支給することとする。
・ 1事業主当たりの支給上限について、無期契約労働者・有期契約労働者各1人までから、1年度合計5人までとする。
・ 介護支援計画の作成について、休業又は制度利用の開始後の作成も可能とする。

【改正後の内容】
・介護休業制度

対象事業主

一人当たり支給額支給上限

合算して 14 日以上の介護休業を取得・復帰させた中小企業事業主
取得時:28.5 万円<36 万円>復帰時:28.5 万円<36 万円> 1中小企業事業主当たり1年度5人まで

・その他の両立支援制度

合算して 42 日以上の制度を利用させた中小企業事業主

28.5 万円<36 万円>1中小企業事業主当たり1年度5人まで